【2018/11 第3週】今週の資産合計は「610,431円」でした。評価損益は「-1,896円」です!

こんにちは!ヤギろべえ(@yagirobe3)です!

11月の第3週に入りました。朝夕がかなり冷え込んできましたね!

今週の資産合計をまとめてみます!資産合計は「610,431円」でした。

米国の中間選挙の影響で一時的に市場全体がプラスになっていましたが、そこから反転してマイナスに転じてしまいました。

評価損益について

全体の評価損益は-1,896円のプラスとなっています。

一番プラスになっているのは10月に購入したHDVです。円で4,229円のプラスになっています。

楽天VTIは中間選挙後に大きくプラスに傾きましたが、その後マイナスに傾き、また少しプラスに転じた形になります。

BNDは売却し、全て外貨MMFに回しました。MMFの評価額は単純にドル円の為替相場と比例していますので、ドルの資産自体は減っていません。

VYMは大きくマイナスになっています。評価額には手数料も含まれている金額になります。1~2株ずつの購入をしているので、毎回5ドルずつ手数料を取られている形になります。

NISAの範囲内での購入ですので、手数料はキャッシュバックされます。見かけと実態が少しかけ離れている感じですね。ですが、VYMは大きく値上がりもしていない状況です。

HDVとVYMは1:1になるように毎月積み立てていければいいと思っています。

今週の買い付け商品

今週の主な買い付けは楽天VTIと明治安田社債アクティブとVYMになります。

楽天VTI

楽天VTIは毎日300円の積立を行なっています。それで少しずつ増えているんですよね。楽天購入分とカード利用分で5,000ポイントくらい入ってきました。それらは入ってきたタイミングで全て楽天VTIの購入に回しました。

楽天VTIは毎日300円の積立と楽天ポイントでの購入にあてています。

明治安田社債アクティブ

明治安田社債アクティブは短期的な貯金目的で買い付けています。楽天銀行とは住み分けを行いたかったのでこちらを選びました。

買い付け頻度は毎日です。楽天銀行との連携をしているので買い付けごとに3ポイント入ります。

明治安田社債アクティブを選んだ理由は、2点あります。1つはパフォーマンスの乱高下が少なく、なだらかな右肩上がりであるということ。もう1つは経費率が0.243%という低さが魅力的だったということです。

目的は短期的な貯金がわりですので。あまり乱高下して欲しくなかったので明治安田社債アクティブを選んでいます。必要に応じて取り崩しをしたりすることを考えており、貯金以上株式未満の流動性を期待しています。

VYM

さらにVYMを2株購入しました。BNDを11株したので850ドルくらいドルがある状態です。

その資金を利用してVYMを購入し、HDVとの比率を1:1になるように調整しました。この比率はなんとなくです(笑)

どちらも優秀なETFなので、それぞれの成長に期待したいと思います。

外貨MMF

BNDの売却分を全てドルの外貨MMFにしました。

外貨MMFは貯金ではないものの、債権以上の流動性があります。元本保証はないのですが、基本的にマイナスにならないような運用がされています。

外貨預金もいいのですあ、手数料や流動性を考えるといまの外貨MMFで十分だと感じています。

今後は

楽天VTIと社債アクティブは毎日積立ていき、コツコツ毎日6ポイントの楽天ポイントを稼いで行こうと思います。

今年のNISA枠が残り10万くらいになりました。120万あったのですが、売り買いをたくさんしていたので非常に勿体無い使い方をしてしまいました。

残り10万は資金が出せるかわかりませんが、なるべく使い切るようにしたいと思います。

2018年は乱高下する調整の相場でした。2017年までの右肩上がりの傾向は少なくなるかもしれません。こういう時はキャッシュポジションが重要になると思います。下がる時にキャッシュがあると安心ですよね。

そういうことも考えつつ、なるべく定期積立をおこない、資産を拡大して行こうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑大変励みになります。ポチッと応援よろしくお願いいたします。