投資を始めるたいときに行うべき行動はこれだ!

こんにちは!ヤギろべえ(@yagirobe3)です!

投資を始めたいと思っても、どのような行動をとったらよいかわからない人も多いんじゃないでしょうか。僕自身もはじめは何から行動すればよいかわからず、行動を取ることが億劫になっていました。

今回は投資を始めて見たい人が取るべき行動について説明したいと思います。これを読んで投資に興味が湧いた人はやってみてくださいね!

興味を持ったら知識をつけよう

投資にはリスクがつきものです。リスクを避けるためにも知識を入れる必要があります。

考えずに動け!というビジネス書も多いのですが、投資に関してはそれだけでは少し役不足なところがあります。

例えば投資といっても種類がたくさんあります。近年はネットの普及もあり、様々な投資方法が選べるようになっています。

個別株、投資信託、ETF、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングなどですね。

その中で自分が行いたい投資手法を選ぶのはなかなか難しいことでしょう。

ある程度、知識を持っていれば自分の投資方針から投資手法を選ぶことが可能です。

初めての人が知識を得るために、ネットは重要な情報源ですが最初はオススメできません。

ネットは特定のキーワードからニッチな情報を取得するためには向いています。しかし、投資の手法を手取り足取り方法を教えてくれる情報に出会うのはなかなか難しいものです。

有益な情報源は本

そのためオススメしたいのは本です。本であれば、一つのテーマで一から十までまとめて書いてある場合が多いので、最初に始めるときに得たい情報を得やすいいでしょう。

1,500円くらいで有益な情報を得ることができますので、投資を始めるときの自分への投資としたいですよね。

僕がオススメしたい本は下のような本です。どちらも初心者向けに丁寧に書かれています。

created by Rinker
¥1,188 (2019/02/17 19:14:49時点 楽天市場調べ-詳細)

最初にチャレンジするのはインデックス投資

初心者はインデックス投資から入るとよいでしょう。

投資には市場の平均を表す指数・指標が存在します。日経平均株価とかダウ平均株価といったニュースで聞く言葉ですね。

その指数に寄せていく投資方法をインデックス投資といいます。

インデックス投資は基本的にコツコツと積立ていき、あとは放置する投資法です。年に1回様子を見てリバランスしたりする必要がありますが、ほとんど手間がかかりません。

ただし、長期投資が前提となっています。デイトレードなどで短期的に利益をあげたい人は他に情報を紹介しているサイトを見てもらうといいでしょう。

将来に向けての資産形成という目的で投資をするのであれば、インデックス投資でほったらかしするだけで十分です。

証券口座を開いてみよう

投資をするときに知識をつける必要があるといいましたが、知識をつけなくてもできることがあります。

それが証券口座の開設です。投資を始めるには証券口座の開設が必要です。

銀行にお金を預ける時も銀行口座が必要ですが、それの投資バージョンだと思いましょう。

特に最近はネットの証券会社が多くなってきましたので、どこかの店舗に行く必要もありません。

証券会社に資料を請求して、1週間くらいで資料がとどきます。その後、身分証やマイナンバーの提出が必要ですが、2~3週間くらいで証券口座を持つことが可能です。

色々な証券会社がありますが、一番のオススメは僕も利用している楽天証券です。

手数料の低く優良な商品が充実していたり、ポイントがたまりやすかったりします。詳細は別ページにまとめていますので、確認してみてくださいね。

ロボアドバイザーという手も

証券会社を開設するのも敷居が高いという人もいるでしょう。

その場合は、ロボアドバイザーに登録することをオススメします。こちらも証券会社なのですが、楽天証券よりも簡単になっています。

最低入金金額の10万円を預ければ、勝手に投資をしてくれてお金を増やしてくれます。毎月の積立も可能です。

オススメは「ウェルスナビ」です。国内のロボアドバイザーの中でNo.1のシェアを誇っています。

応募は下のリンクからして見てくださいね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑大変励みになります。ポチッと応援よろしくお願いいたします。