投資方法はどれだけ投資が好きかで変えればいい。

こんにちは!ヤギろべえ(@yagirobe3)です!

人によって株式投資の方法は様々です。最近はロボアドバイザーなど投資に対して敷居が下がってきているサービスも出てきています。

どの投資方法を選ぶからは、投資家がどれだけ投資が好きかということに比例してくるのではないでしょうか。投資が好きであれば、投資に時間をかけることができますよね。

でも世の中には投資に興味はあるけど、好きってほどでもないし、時間もかけることが難しいという人も多いんじゃないでしょうか。

しかし、投資をしないこと自体が損をしているという実態があります。

投資をしたらお金持ちに近づく

日本証券業協会の証券投資に関する全国調査によると、株式投資をしている人の割合は13%と非常にマイノリティです。

しかし、ピケティの「21世紀の資本」によると、労働による経済成長率より、株式などの資本による資本収益率のほうが上回ると書かれてあります。

どういうことか簡単にいうと、株式や不動産などの資産の成長率は1年間で4~5%に対して、労働による成長率は1~2%くらいなので、資産を持っていたほうがお金持ちになれるということです。

実際にお金持ちほど資産を多く持っていて、その成長の恩恵を受けています。資産の成長率の方が高いので、持っていない人とどんどん経済格差が生まれていき、金持ちはどんどん金持ちになっていくのです。

ここからも投資をしていないということ自体、損をしているということがわかります。お金持ちに近づきたいのであれば、少しずつでも投資をはじめてその恩恵を受けるべきなんです。

投資のお手軽なものから順番に紹介

ここからは株式投資の方法をお手軽なものから順番に紹介していきます。最初に紹介するものが一番お手軽で、最後が手間がかかる感じで、順番に紹介したいと思います。

投資を始めてみたい方は、一番手軽なものからはじめると入り口としてはいいでしょう。少し手をかけてみたい方は、後の方をしてみてください。

①ウェルスナビなどのロボアドバイザー

もっとも手軽な投資法はロボアドバイザーでしょう。適切なポートフォリオを自動で作ってくれて、リバランスも勝手にしてくれます。

大体のロボアドバイザーが10万円から開始可能です。手数料は年間1%前後が相場となります。

貯金感覚で初回の金額を預けて、毎月一定額を積み立てる方法がオススメです。

ロボアドバイザーの中で特にオススメなのはウェルスナビです。

運用資産が1,000億円を突破し、ロボアドでNo.1のシェアを取っています。手数料も1%です。

ウェルスナビは手数料の低いETFを中心にポートフォリオを構成しています。ETFを普通に購入しようとすると最低5ドルの手数料がかかりますが、買い付け手数料は無料です。

②インデックス型の投資信託をつみたてる

次にお手軽なのは投資信託です。100円から買い付けられるのもお手軽ですよね。

最近は手数料がとても低くインデックス型の投資信託が登場しています。ノーロードという購入手数料が無料のものも多いので、コスト面が気にならないものも充実してきました。

オススメは楽天VTIです。

購入方法としてオススメなのは、まずつみたてNISAでしょう。年間40万円、20年間で合計800万円までは運用で得られた利益にかかる税金が0円となります。毎月だと33,333円になります。

つみたてNISAは積み立てられる投資信託が限定されています。一定の基準があると思いますが、どれもよいものが選ばれています。

資金に余裕があれば、それ以上の資金を積み立てると良いでしょう。

③ドルでETFを購入する

次はドルでETFを買うことをオススメします。ただしここからは少しハードルが上がります。

オススメは僕が購入しているVYMやHDVなどの高配当株です。配当を再投資すると良いでしょう。あと、全米株式の買い付けができるVTIもおすすめです。

円資産のみだと不安な方はドルで資産をもつと資産の分散ができるようになります。個別株ほどではないですが、自分で運用している実感を感じることができるのもオススメの理由です。

ETFは個別株より分散されていてリスクが少ないので、精神的にも個別株より安心できるでしょう。

④ドルで個別株を購入

もっとも手間がかかるのは個別株の保有だと思います。ただ、手間がかかる分面白みも多いと思います。個別株は私もまだしたことありません。

個別株の場合一つ一つ企業の特性を研究し、見極めなければいけません。知識も多くないといけないですし、そうしないとリスクが上がってしまいます。

オススメは、バフェット太郎さんが運用している方法で、米国の高配当増配株式のバリュー株に投資することですね。

キャピタルゲインに勢いのある株式はどちらかというと一過性が高いので、すでに成熟している企業で配当を重視している企業に投資しています。コカコーラやマクドナルドなど、これからも衰退すること可能性が少ない銘柄となっています。

バフェット太郎さんのブログは参考になるのでオススメですよ。

いかがでしたでしょうか。ロボアド、投資信託、ETF、個別株という順で手間がかかっていくということをお伝えしました。

手間がかかるということは知識が必要であり、時間がかかります。ですが、それ以上に面白みのあるがあるでしょう。

人によっては手間をかけたくない人も多いと思いますので、まずはロボアドバイザーで10万円から始めるといいと思います。

なにより、投資をしないということが一番勿体無いので、なにかしらの形で投資を始めてみるといいと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑大変励みになります。ポチッと応援よろしくお願いいたします。