【米国株】ワンタップバイ のおすすめ銘柄を紹介します

こんにちは!ヤギろべえ(@yagirobe3)です!

10月から米国の個別株をワンタップバイ で始めました。

ワンタップバイ は1,000円単位で個別株が購入できるサービスです。全てスマホで完結するためユーザーインターフェースも使いやすいものになっています。

ワンタップバイ の仕組みを簡単に説明します。1株1万円の銘柄があったとすると1,000円分の場合、0.1株を購入することができます。

ワンタップバイ が在庫を持っていて、それを切り売りしている感じですね。

ヤギろべえの購入銘柄

僕の購入銘柄は以下のようになっています。

  • マクドナルド
  • IBM
  • P&G
  • コカ・コーラ
  • エクソンモービル
  • アップル

実はこれらを選定した明確な理由があります。

バフェット太郎さんという方がブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)」を毎日更新されています。

それを本にまとめられたのが、「バカでも稼げる「米国株」高配当投資 」という本です。

これを参考に銘柄を選定しました。

バフェット太郎さんの本には細かい説明も色々あるのですが、「連続増配をしているかつ高配当株」という部分を選定理由としています。

マクドナルドやコカコーラなどからわかると思いますが、連続増配ができている銘柄は日常の生活に浸透している銘柄です。世界各国に多国籍展開をしているので、売上が非常に安定しています。

そのような安定した銘柄を選択しているのです。

グロース銘柄は買わない

アマゾンやフェイスブックなど近年株価が急上昇している銘柄があります。

ここ数ヶ月は大きくマイナスをしているのですが。

グロース株は成長が著しいですが、長期保有には不向きです。

また、売るタイミングが難しいことでも有名です。

そのような株は精神的に疲弊するので保有する予定はありません。

ワンタップバイ 銘柄の配当利回り

各銘柄の配当利回りは「しゅふろぐ」さんのブログにわかりやすくまとめられていました。

下の表は全てではありませんが、配当利回り順で銘柄が並べられています。

出展:しゅふろぐ

連続増配が20年以上ある銘柄が5種類ありますよね。配当利回りも比較的上位にあります。

P&Gは62年も連続増配で非常に優秀ですよね。

こういった銘柄は利益を株主に還元することを念頭に置いているので、ある意味株主に優しい銘柄となっています。

アップルについて

最近株価の値下がりが激しいアップルも5銘柄にプラスして購入しています。

実は投資の神様バフェットもアップル株を大量に保有しています。

アップルはスティーブ・ジョブス亡き後、株主へ還元する方向性に向かっています。

どちらかというと、一定の成長が終わり成熟してきた企業が株主に還元する傾向にあるようです。

アップルの強みは、「高いブランド力で商品に魅力があり、長期的な成長が見込める」ことです。

アップル製品を使っている人は今後も使うでしょうし、一定のブランドかが成功していて価格が高くても販売につなげられるほどの信頼性もあります。

今の配当利回りは1.57%ですが、直近5年は連続増配をしていて、今後も増配を続けていくと思われます。

今株価が下がっていますが、長期的目線で考えると「買い」の商品なんです。

配当も入りました

実は最近、エクソンモービルとIBMから配当がありました。16円と19円だけですが、嬉しいものですよね(笑)

米国株はETFも含めて、だいたい年に4回の配当があります。これらを再投資することで複利の恩恵を受けることもできるんですよね。

個別株はこれからもワンタップバイ で購入していきます。

実は最近、ワンタップバイ の銘柄が8銘柄増えました。今後も少しずつですが増えていくのだと思います。

ジョンソン エンド ジョンソンなど高配当優良銘柄をどんどん増やして欲しいですよね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑大変励みになります。ポチッと応援よろしくお願いいたします。